FC2ブログ

ラッフルズでシンガポールスリングに酔う

クアラルンプールからマレー鉄道に乗った。目指すはシンガポールのラッフルズホテル。車窓の景色を眺めながら、楽しそうに騒ぐヨーロッパの若者に、「ねえ、あんたたち少し静かにしてよ。雰囲気を楽しんでいるんだから」とチクリ。イギリスのやんちゃ坊主は肩をすくめていたが、まわりは心持静かになった。

シンガポールに着くと、先ずラッフルズに駆け込んだ。ここに泊まれなければシンガポールに来た意味が(殆ど)ない。ところがガックリ、部屋は満室だった。泣きながら周囲のホテルを見て回る。すると何と『京都ホテル』という懐かしい名まえの看板が見えた。

結局ラッフルズのそばに建っている『京都ホテル』に三日間泊まり、毎日ラッフルズに入り浸る。ヘミングウェイやサマセットモームが愛したライターズバーでシンガポールスリングを飲み、素敵な中庭を見渡すカフェでお茶をする。ああ、いつか私もこのホテルに長期滞在して、執筆活動に励めたらいいな、なんてありえない想像をしながら。

旅というものは、いろんな場所に体を運んでくれるだけではなく、その場所で過去に起こった出来事、人々、そういったものとの心の繫がりというものをもたらせてくれる。欧米文学をこよなく愛した私は、ラッフルズホテルで偉大なライター達のスピリッツを感じ、時間を共有できた。

シンガポール観光はそれなりにすませたが、最も好きだった場所は『蘭の植物園』だった。あらゆる種類の蘭が美しく咲き誇り、時間があればもっとゆっくり観賞したかった。

必ず今度はラッフルズを予約してシンガポールに戻り、再びライターズバーでシンガポールスリングを飲み、物凄いミステリーを書くぞ! そうよ、次は絶対に『京都ホテル』でお茶を濁さないぞ、なーんて、あれ以来づっとリベンジを考えているのである。

        蘭
line

comment

Secret

No title

はじめまして。ラッフルズ、イイですよね。昨日帰国したのですが、今回は仕事だったため、残念ながら宿泊はできませんでした。以下に関連記事を載せております。もしよろしければ見てやってくださいませ。

http://trinidad.blog.so-net.ne.jp/2012-09-29

http://trinidad-parallel.blog.so-net.ne.jp/2012-09-30
line
line

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
4225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
28位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line