FC2ブログ

14歳の少女のアイディア、年収250億円の企業に大化け

イザベラ(ベラ)・ウィームズが14歳のとき設立した会社『オリガミ・オウル(梟)』は、2012年には2400万ドル(24億円)の利益を上げ、今年は2億5千万ドル(250億円)の利益が期待されている。

オリガミ・オウルは安く仕入れた原材料を、仲間として雇ったそれぞれ独立したデザイナーに加工をさせ、付加価値をつけた値段で販売させるという形式をとっている。デザイナーの数は50,887人にのぼる。

セールスポイントは、『ジュエリーバー(宝石のバー)』と名付けた店で売る、あるいは『ホステス(ホステスは割引や、無料製品をもらうことができる)』によって自宅やあるいは別の場所で催される個人のパーティーで販売されるところにある。

いメルヘン踊り

ある意味では、オリガミ・オウルは、少額でも稼ぎたいと思っている『自称起業家』の好みに合わせた、缶詰のような個々が集合した企業だと言える。その、稼ぎたいという動機づけは、実際にイザベラ自身がまず第1に経験したものだ。

14歳のときイザベラは、16歳になったら中古車をプレゼントして欲しいと両親に頼んだ。すると両親は、「人のお金を当てにせず、自分で稼いで買ってごらん」と言い、ビジネスを始めることを勧めた。すごい親だ。

「すぐに調査を始めて、何をすればいいか考えたわ」とイザベラは言う。そうすると、「ロケットは常に身につけていたけど、チャーム(お守り)をつけたロケットがあったら素敵だと思ったの」

そこで、ベビーシッターで貯めた350ドル(3万5千円)を使って卸売店で部品を買い、ロケットを作った。すぐに、友人や自分のネットワークを活用して買い手を探し、ハウスパーティーやブティックだけではなく、ジュエリーショーで製品を販売した。

    あロサンゼルス黄色い車

2010年イザベラは、ブラックフライデーの買い物客で混みあっているアリゾナ州チャンドラーのショッピングモールにキオスクをオープンした。何たる行動力。脱帽。

同社は2011年に直販システムを採用し、約28万ドル(2千8百万円)を生み出した。何と、翌年の売上高はその86倍になった。まさにロケットのように、天空を目指して離陸したのだ。

現在イザベラはたったの17歳、大学を卒業したら将来会社のトップになることが期待されている。すごいわねえ、14歳の小娘(失礼)のアイディアと行動力が、多くの人が働く有力企業を生み出したなんて。負けてはいられませんぞ。

いメルヘンウサギ
line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3898位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
30位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line