FC2ブログ

海外から養子に迎えた子を、ネットで厄介払いする養親

アメリカ人は積極的に、海外から不運な子供たちを養子に迎える。それ自体は広い心の賜物だ。しかし、一部の里親が、手に負えなかったり邪魔になったりした子供を、インターネットで厄介払いをしていたことが判明した。

リベリアの孤児院から救い出した、10代の養女に手を焼いていたウィスコンシン州の里親が、インターネットに広告を出し、たった二日で養女の次の里親を見つけた。数週間後、養女はイリノイ州のモービルホームに住んでいる次の養親の元に連れて行かれた。

養女は、その家で学校にも行かせてもらえず、性的虐待を受け続けた。問題が発覚して里親が逃げるとき、養女もモービルホームごと連れて行かれた。その養親は札付きで、半ダースの子供を次々と養子にしていた過去があった。

インターネットには養子を手放したい親からの様々な広告が載っている。「こんなこと言うと何だけど、この子大嫌い」と書いたのは、グァテマラから11歳の男の子を養子として迎えた母親。

中国からの養女は二度目の里親の元で「自分の墓を掘らされた」と語った。ロシアから養女に迎えられた13歳の女の子は、半年の間に三回も里親が変わった。その挙句、性的虐待を受けただけでなく、人間としての尊厳を傷つけられた。

五年間に5,029回出された次の里親募集の広告は、殆どが6歳から14歳の年齢の子供に手を焼いている養親からのものだった。ペット感覚で人間の子供を養子にしたのではないかと、その安易さに憤りを覚える。

  ポプラと花と子供たち
line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3003位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
25位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line