FC2ブログ

32回刺された女性に微笑みかけたエンジェル

悲惨な事件が、結果的には新しい出会いと本当に生きる勇気をもたらしてくれたという、心温まるお話。

2012年1月フロリダのクリアウォーターで、20歳のメリッサは、恋人のロバートにナイフで主に顔と首を32回刺された。目撃者二人が止めに入ったので、ナイフを持ったロバートは瀕死のメリッサを残して逃走した。

奇跡的に命をとりとめた彼女は21歳になった今、「あの事件のことをもう悪くは思っていない」と言う。なぜなら、そのとき駆けつけた救急隊員のキャメロンに命だけではなく心も救われたからである。

「今はもう事件のことで心が乱れることはない。だって、あの事件がなければキャメロンに出会うことができなかったのだもの」

キャメロンは血だらけのメリッサを一目見たとき、運命的な出会いを感じたと言う。そして、悲惨な事件にも怯まず社会復帰を果たした彼女を、強くて勇気のある女性だと賞賛している。

メリッサは事件の後、心に傷を負って家に閉じこもる代わりに、滞りなく大学を卒業してナースになった。きっと患者に、強く温かく励ましを与え続ける素晴しい看護士になることだろう。

虐待されて苦しんでいる全ての女性へ、メリッサはメッセージを贈った。『あなたは愛され尊敬されるべき人です。虐待をこれ以上許してはいけません。決して一人ではないのよ、他により良い人生があることを忘れないで』

多くのDVで苦しんでいる女性が、勇気を出して新しい一歩を踏み出すことを心から願う。また、心に傷を負って家に閉じこもっている人達にも、最初は公園でも図書館でもいい、ほんの一歩を踏み出す勇気をもってほしいと切に願う。

 百日紅を守る椰子

line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3898位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
30位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line