FC2ブログ

悲しいトルコの暴動

ギリシャのサモス島からトルコのクシャダスに船で渡ったとき、その親日さに圧倒された。そこで知り合いになった家族から、エスキシェヒールの家に招待され数日滞在した。

葡萄棚のある瀟洒な三階建ての家で、慈悲深く美しいお母さんが作るトルコ料理を振舞われ、一緒にメッカのカーバ神殿の方向に向かってお祈りをした。トルコは故郷の一つになった。

今そのトルコでイスラム色を強めようとするエルドアン政権に反対する暴動が首都アンカラなど48都市210ヶ所に広がって、1700人の逮捕者が出ている。

デモはイスタンブール中心部にあるタクシン広場の再開発計画への抗議として始まったが、警官隊が当初、催涙ガスや放水車などで鎮圧を図り、これに反発した市民と衝突して一気に拡大したのだ。

酒もタバコも嗜まないエルドアン首相は2013年4月、『大半がイスラム教徒であるトルコ国民にとっては、アルコール飲料ではなく塩味のするヨーグルト「アイラン」が国民的飲料である』と発言した。ふうん、私は甘いヨーグルトの方が好きなのですが。

その言葉の通り、5月24日、トルコ国会はアルコール飲料販売制限・広告禁止法案を可決した。小売店は午後10時から午前6時までアルコール飲料の販売禁止、又製造業者による広告やスポンサー活動も禁止される。

飲酒が禁止されているアルジェリアを旅した後、サハラ砂漠にあるチュニジアとの国境の町で飲んだ赤ワインの美味しかったこと。程よいアルコールはこの世の憂さを晴らし、明日への活力を与えてくれる。

トルコ共和国の創設者であり初代大統領であるムスタファ ケマル アタチュルクは非宗教的社会を現実のものとし、「新しいトルコ共和国は人民の国であり、人民によって作られる国である」と共和国宣言をした時演説をした。その精神が守られてほしい。

各地で出合った暖かい人々の顔を思い浮かべると、トルコの暴動は本当に悲しい。このことがきっかけで東京にオリンピックが招致されても嬉しくない。一日も早く、のんびりとタクシン広場に集うトルコの人々の笑顔が見たい。

イスタンブール: 写真
イスタンブール (トリップアドバイザー提供)
line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3898位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
30位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line