FC2ブログ

ロサンゼルスの恐怖体験

ニューヨークからロスに引越しをして、すぐに人材紹介会社に登録をした。

登録をして、家に帰ったらすぐに電話がかかってきて、明日ハリウッドまで面接に行ってほしいとのこと。

車が無いので、友人に頼んで、小さい息子を連れて面接に行った。

スターの手形で有名なチャイニーズシアターの近くに、その会社はあった。

友人は息子と一緒に車の中で待っていてくれた。

面接の途中気がつくと、二人はソファに座ってそれぞれコーヒーとジュースをいただいていた。

「面接に赤ちゃんを連れてきた人は初めてよ」と、後で会社の人に言われた。

無事合格したが、何しろ足が無い。
日本でペーパードライバーだった私は、即アメリカの運転免許を取ることになった。

ペーパーテストは簡単ですぐ合格したが、ドライブは最初から路上で韓国人の先生に習った。

日本の免許を持っていたせいか、一週間くらいで受験をすることができ、一度失敗したが、二度目に合格した。

ヤオハンの掲示板で探して、地味なレッドの三菱の中古車を帰国する日本人から買った。

その車が曲者で、ハンドルがやや左に傾く傾向があった。
常に少し右に回す感覚でハンドルを握っていなければならない。チッと舌打ちしたい気分だった。

バーバンクからハリウッドまで、フリーウェイ(日本の高速道路に当たるが無料)を通らないようにして通勤した。怖いから。

ところが、ある日、夕方会社を出た後、ユニバーサルスタジオの脇辺りでハッと気付くと片側5斜線もあるフリーウェイに入っているではないか。それもど真ん中の車線に。

たらーと脂汗がこめかみから流れ落ちるような恐怖。今と違ってナビもない。

不思議なことに、少し左にぶれる車がささやいてくれた(ような気がした)。
「大丈夫、大丈夫、ともかく端の車線に寄って、フリーウェイを出るの」

よろよろと車を端のレーンに寄せて、次の出口で外に出た。後はどうして帰ったか覚えていない。

それ以後、変な車を買ってしまったという気持ちが失せて、車を可愛く思えるようになった。

アメリカを去るとき一番悲しかったのは、あの車との別れ。

映画でロサンゼルスの高速を走る車の群れを見るたびに、今でも地味なレッドの三菱車を探してしまう私。


ロサンゼルス高速 ロサンゼルス高速2







line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3884位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
29位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line