FC2ブログ

北アメリカ人が定年退職後に住みたい国ベスト3

インターナショナル・リビング・コムが発表したグローバルなリタイア・インデックス2013によれば、北アメリカの退職者が好んで住みたい国のトップは、5年連続エクアドルである。

今回で22年目になる、この最良で国際的な究極のリタイア先のランク付けは、現地の食料品の価格や光熱費の額、平均気温、そして何よりも地元住民のフレンドリーさを基に導き出している。

ドルが強い力を発揮できるエクアドルでは、月間1,600ドル(14万円)もあれば快適に暮らすことができるし、カリフォルニアでは100万ドル(8,750万円)以上する海岸沿いのマンションは、エクアドル北部の太平洋岸沿いでは、15万ドル(1,300万円)で買うことができる。

山の中に屋敷を持ちながら海を見下ろせるアパートも購入して、両方を行き来している北アメリカからの退職者もいる。アメリカでは夢のような生活だ。

さんさんと太陽が降り注ぐビーチ、魅力的な山村、文化的な催しが楽しめる大学町、歴史のあるコロニアル・シティ、そして何よりもエクアドル人はフレンドリーで気楽とくれば、人気の高いのも頷ける。

人気ナンバー2は、パナマである。パナマ市は素晴らしいレストランや設備の整った病院のある活気に満ちたコスモポリタンシティである。又、南米における金融及びビジネスのハブの一つなので、国際的なコミュニティも多い。

エクアドルと同様生計費の安いパナマでは、月に1,700ドルから2,500ドル(15万円から22万円)の予算で、住宅費はもちろん、週に2、3回のハウスキーパー代や外食費、月に数回の映画鑑賞などを賄うことができる。

世界第3位のリタイア後の安息の地はマレーシアだ。アジアでトップの究極のリタイア先はエキゾチックで遠いが、英語が広く公用語として使われている。

ペナンでは月に1,000ドル(87,500円)で、プールおよびジムがあり、海が見えるアパートを借りることができる。小さな船でクルージングに出かけたり、週に5回外食をし、週に一度メイドに来てもらったりする費用を含めても月に1,700ドル(15万円)もあれば十分だ。

おまけにマレーシアは有名な『医療旅行』目的地なので、アメリカで払う半分以下の金額で、優れた医療を受けることができる。

更に、他のアジアの国々と異なり、動産、土地、家およびコンドミニアムを自由に買って保有することができるという、大きなメリットもある。

昨今年金の受取額が少なくなっているので、リッチなリタイア生活を楽しみたければ海外に行くのも良い選択肢かも。現地でボランティア活動に参加したりすれば、日本外交に大いに貢献もできるので一石二鳥だ。うーん、なるほど。
      海岸
line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3884位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
29位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line