FC2ブログ

サンタがいると信じていた頃

子供の頃クリスマス前になると、日頃は殆ど家にいなかった父が、私と弟を連れて山に行った。しし鍋にするために、猪を撃ちに行ったのではない。

クリスマスツリーにするために、モミの木の代用品であるモロの木を切りに行ったのだ。枝振りの良い大人の背丈ほどの木を切り出すと、三人そろって、うきうき気分で家に帰ってきた。

弟とツリーの飾り付けをし、イブには母がチキンを焼き、遠くに出張をしていた父が頼んでおいたケーキが届けられた。楽しい食事の後、布団の中で、サンタさんを一目見ようとして遅くまで起きていた。

翌朝枕元にはプレゼントが置かれていた。弟も私も小学校の高学年までサンタがいると信じていて、級友にせせら笑われた。そこまで信じ込ませたのも、両親の努力の賜物である。良いか悪いかは別として。

親からの教えを守り、我が息子にもサンタは必ずいると信じ込ませていた。イブの夜、ご馳走とケーキでおなか一杯になった息子は、寝床の中で眠らないように頑張っていた。「きっと来るよね、サンタさん」と言った後、眠ってしまったが……

やはり小学校高学年になるまでサンタがいると信じていた息子は、ある日友達に笑われたと言って学校から帰ってきた。「おかあさんがいるって言うからだ」なんて、可愛げのないことを言っていたが、今はどうだろう。

クリスマスソングを聴いて、サンタがいると信じていた頃を振り返ることのできる大人は幸せだと思う。すべての子供にメリークリスマス!

神戸
line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3003位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
25位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line