FC2ブログ

ふだんは忘れているけど、生きているだけで幸せ、

20年前の今朝、物凄い振動に飛び起きた。寝ていると先ずごぉーという地鳴りのような音が聞こえた。その後の激しい揺れ、まだ5歳の息子と抱き合って嵐が過ぎ去るのを待った。震度4の大阪でさえ、ドンドンドンと地響きのするような激しい揺れだった。

その後、神戸で死者が100名を超えたというニュースを聞いて息を呑んだ。犠牲者の数はどんどん増えていき、信じられない気持ちで体が震えた。テレビで流れた阪神淡路大震災の爪痕は想像を絶したものだった。数日後、ようや通じたJR神戸線に乗って本山まで行った。

黒島 牛と雲

目を覆うばかりの惨状に言葉を失った。昔住んでいた、そこからほど近い場所は、壊滅状態だった。家の殆どが潰れていた。三宮に住んでいた幼馴染が、倒れてきた隣の家の下敷きになって亡くなった。多くが古い木造家屋に下宿していた神戸大生39人が犠牲になった。悲しい知らせは枚挙に暇がなかった。

悲しみはいつまでたっても癒えないと、家族を失った人の多くが感じている。その後も東日本大震災、広島の土砂崩れと、愛する家族が突然奪われる大災害が相次いだ日本、そしてある意味戦国時代のようになってきた世界、生きているだけでもどんなに幸せかとつくづく実感する。

黒島の青い空と原っぱ

今朝天声人語に載っていた20年前の今日被災した詩人、安水さんの「泣く」という詩に心打たれた。 〈ここにいる人は一度は泣いている。あのときすぐに。 あの後ずいぶんたって。 この後、いつか不意に。〉 心から冥福をお祈りします、青空に流れる白い雲に向かって。
line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3884位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
29位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line