FC2ブログ

オバケ屋敷でオバケに謝る中間管理職の悲哀

以前、全国的に営業展開をしている会社に勤めていたとき、日本全国の社員一同が、社員旅行で熱海に集結した。さっそくみんなで、熱海後楽園のオバケ屋敷に入った。

怖いので、前の人の体に次々と腕を回してムカデ状になり、十人位で一列になって入った。ところが何時の間にか、私は一人になっていた。待ちかねていたように、さっそく前から、長い髪をした特別不気味なお化けが近づいてきた。

断末魔のような悲鳴が屋敷中に響き渡った、もちろん私の。何度も叫ぶので、うるささにたまりかねたのか、オバケがお尻を見せて逃げようとした。その時、私の足がまるで脚気のテストの時のように、勝手に跳ね上がった。そしてあろうことか、オバケのお尻を蹴り上げたのだ、それも思いきり。

その途端、オバケはクルリと振り向くと、長い髪の毛と怖いお面を剥ぎ取って、叫んだ。
「何しやがんでぇ、この女(あま)!」お面の下から出てきたのは、オバケより数段怖い顔をしたオヤジ。ヒェー、一難去ってまた一難と思ったとき……

「まあまあ、ここは私に免じて何とか……」と言いながら出てきたのは課長。『どこにいたのよ、もっと早く出てきてよ』と腹の中で毒づいた私。

課長はオバケならぬ茹蛸オヤジに名刺を差し出して、ぺこぺこ頭を下げて謝っている。オバケも出鼻をくじかれたのか、又ズボッと商売道具一式を頭からかぶると、仕事に戻った。

オバケ屋敷の前を通るたびに、「何しやがんでぇ、この女(あま)!」と言ったオバケと、名刺を持って出てきた課長を、懐かしく思い出す。
                                                                                 ユニバーサルで遊ぶ人々
line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3898位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
30位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line