FC2ブログ

胸の中にしまっておける人は一生ものの宝(続)復刻版

若い頃出会って互いに惹かれあいながら、運命に翻弄されて一緒になれなかった人。専門家の集うSNSで分かった相手の消息と連絡先。(この続編をうっかり消去した後、その他ブログで上位になっていた。申し訳ないので復刻版を作ることに)

長い年月が経ち、ただ懐かしさから同窓会のノリでメールを出してみた。ドクターになっていた彼からは大喜びで返事がきた。「北スウェーデン出身の息子の彼女の家があの駅の近くだと知って、以来ずっと君のことを考えていたんだ」

スウェーデン: 写真
スウェーデン (トリップアドバイザー提供)

最初、北欧出身の誰かと間違えているのではないかと思ったが、北極圏のナルビク発の電車に乗り合わせたとき、フィンランドに行く彼が一足先に降りた駅だと分かった。走り出す列車を名残惜しそうに見送ってくれたブロンドの19歳の少年。

少し年上の私の年を知っていて、ずっと君のことを考えていた、なんて言ってくれる人は他にはいない。若い頃出会って互いに好きになった人は決して裏切らない、というのは本当だと思う。当時の純粋な気持ちは、年月が経っても色褪せない。

スウェーデン: 写真
スウェーデン (トリップアドバイザー提供)

折に触れてメールで連絡を取り合おうと言ってきた彼。(最初の連絡は互いの両親が亡くなったという悲しいものだったが) ずっと胸の中にしまっておける人がいるという幸せは、大金を積んでも買うことができない。友情と同じ一生ものの宝だ。

最近プラトニックは流行らないようだが、恋の醍醐味はそこに凝縮されている。簡単に形而下の関係になってしまうと、美しい恋が開花する前に蕾のまま地面に落ちてしまう。たくさんの恋を開花させてほしい。

スウェーデン: 写真
スウェーデン (トリップアドバイザー提供)
line

comment

Secret

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
12位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line