FC2ブログ
アメリカのマサチューセッツ州のセーラムの公園で撮られたビデオを見た。27歳の白人の母親が25歳の黒人の男から草の上に押し倒され何度も叩かれ、蹴られているショッキングなビデオだ。通行人が撮影したものがネットに載せられている。

驚いたのは攻撃する男に「止めて、止めて」と叫びながら男の足をキックする2歳の坊やの姿。必死でママを守ろうとするその姿に胸が打たれるが、周囲に何人も立っている通行人は知らん顔。これは一体どこの国の事件だと一瞬目を疑った。

花とポプラ

警察の話では、「この地区ではこういう事件は日常茶飯事に起こっている」とのこと。マサチューセッツという歌に代表されるように、しっとりと落ち着いた豊かなイメージのある州で、こんな事件が日常茶飯事とは、うっかり旅行をするのも怖いわね。

どうも男はファーストフード店の関係者のようだ。「辞めさせてやる!」と叫んでいたから、坊やのママはそこで働いていて何らかの事情で男の逆鱗に触れたのかもしれない。叩き蹴りつくした後、一度その場を去りかけていた男は又戻り、倒れている女性に唾を吐きかけた。坊やがいなかったら、ママの命はなかったかもしれない。

  
いアマリリスの花と木々
スポンサーサイト



line
朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基地周辺で「米軍慰安婦」として働かされたとして、韓国人女性ら122人が25日韓国政府を相手取り、原告1人当たり1000万ウォン(約100万円)の国家賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こした、との読売オンラインを読んだ。

拉致や人身売買で組織的に集められた慰安婦の中には当時10代の少女もいたという。その慰安所の統括者が朴大統領の父親朴正熙元大統領だったというから驚く。以前週刊誌に書かれていたとき眉唾物だと思っていたけど、本当だったのね。

青い空と白い雲とむくげ

朴正熙は「日本人が来て義務教育を受けさせない親は罰すると言ったので、自分は学校に行くことができた。日本の朝鮮統治はそう悪くなかった」と述べている。この言葉によって、日本は韓国で教育を普及させようとしていたのだと知って嬉しくなった。普通独裁者は本を取り上げようとするものだから。

それにしても娘の現朴大統領、自国の米軍慰安婦の存在を知っていて、日本の従軍慰安婦問題を世界に触れ回っていたのかしら。アメリカに建つ反日従軍慰安婦像、今度は反米慰安婦像建立運動を起こさないと片手落ちよ、韓国系アメリカ人団体殿。

  吉野桜満開

line
韓国のフェリー沈没事故で逮捕された乗組員の娘さんが自殺をした。彼女は長年国家公務員になるための試験勉強をしていて、この事故で父親が業務放棄の罪で逮捕されたことから、国家のために働くことが不可能になったとして自殺を図ったのだ。

西表民宿の前の海

父親は一時的に釈放され、娘の葬式の準備をしているとのこと。それにしても何たる悲劇だろう。確かに大勢の乗客を置いて逃げた乗組員の行動は許されない。しかし、その娘であるというだけで将来を絶たれた娘さんの気持ちを思うと本当に気の毒だ。

彼女に限らず、逮捕された乗務員の身内の人たちの現状は正に針の筵の上にいるようなものだろう。組織的犯罪として断罪されようとしている今回のフェリー沈没事故、悲劇の連鎖は後を絶たない。

黒島仲本海岸
line
ああ、いよいよ石垣島行きが近づいてきた。去年行った場所と別の場所を探検したいとわくわくしている。そこで浮上したのが、与那国島の海底遺跡。あれは一体何なのだろうと思うと好奇心が募る。それを見るにはダイビングよね、やっぱり。

ただ問題は、今まで水深20メートル弱しか潜ったことがないので、海底遺跡は25メートルの所にあるから、正直言って少し怖い。ダイビングをしているときはパニックに陥らないだけの精神力が要求される。怖い、と思うと息苦しくなって急浮上したくなるから。

石垣空港飛行機と山

ここまで書いた後、あるダイバーの記録を見ると、遺跡に行った時の最大水深が15.9メートル、平均9.0メートルとなっていた。これならいける。ただ八重山諸島の見どころはたくさんあるので、かなり離れている与那国島は行けるかどうか只今考慮中。

沖縄、特に八重山諸島周辺には別の時間が流れているような気がする。サトウキビ畑の間を通る道に立って青い海を見ていると、時間軸が狂ってくる。去年は忙しく何島も駆けまわたので、今年はもっとゆっくり無の時間を味わいたい。ああ、楽しみ。

あ西表島から由布島を望む
line
line

line
最新記事
line
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
27位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line