FC2ブログ
オーストラリア人の友人が「何故日本人はオーストラリアに来てくれないのだ」と訊いてきたとき適当に答えておいたが、さっき湯船に使っていてハッと閃いた。まるでアルキメデスのように。

それは、鯨だ。オーストラリアは国際司法裁判所に『日本の調査捕鯨は違法だ』と訴えた。今日出た判決は日本に厳しいものだった。鯨を食べるか食べないかに係わらず、何も鯨の所有者でもないのにそこまでするかと、むっときた。

石垣島白保海岸2

ここ数年、反捕鯨団体の無礼な振る舞いを許してきたオーストラリア、そのことがサブリミナル効果のように日本人の足を遠ざけさせていたのではないか。増えすぎたカンガルーを結構邪険に扱っているという噂も聞くわよ。

そんなに鯨をいたわるなら、国土も広いことだし、ボートで死に物狂いでやってくる難民にもっと優しくしてあげて。オーストラリアは好きな国だが、ちょっとバランスに欠けるところがあるのでは。中韓だけでもうんざりなのに。

小浜島のエメラルド色の海
スポンサーサイト



line
昨年の今頃、死ぬまでに一度は見ておきたかった場所のうち、三つを見て帰国した。ミャンマーのバガン、カンボジアのアンコールワット、そしてベトナムのハロン湾だ。アンコールワットとハロン湾はパック旅行で多く出ている、が……

ハノイ往復のチケットだけを取り、ハロン湾へは現地から一日バスツアーで行くのもいい。英語ツアーにすると安く、世界中の人に会えるのも魅力だ。船の中の食事もなかなかだったし、近くの洞窟や海上生活者の村もたっぷり見学できた。

ハロン 湾: 写真
ハロン 湾 (トリップアドバイザー提供)

ベトナムはホーチミンよりハノイの方が見所が多い。大きな湖が街の中心にあるハノイは、湖畔で越し方行く末を考えるも良し、記念撮影をしている花嫁花婿を眺めるも良し、旧市街を歩き回るも良し、で街にいるだけで楽しい。

ここでお薦めは水上人形劇。劇場は旧市街に近い方の湖の外れにある。これを見た後興奮冷めやらぬうちに、旧市街に繰り出そう。食堂でベトナム人に混じってビールを飲み、安くて美味しい夕食を取り、ごった返す通りを眺める。いいわよ。

ハロン 湾: 写真
ハロン 湾 (トリップアドバイザー提供)

そうそう、ハノイから陶器で有名なバッチャンに行きたい人は早めに予約をしないとツアーが満席になりがち。私も申し込んだ後オーバーブッキングだったと言われて、代わりに香寺(パフューム・パゴダ)ツアーに行かされた。

ブチブチ言いながら行ったのだが、これがなかなか乙なツアーだった。墨絵のような山々を見ながら川を遡り、着いた先も又魅力的。カラフルなお寺で、凄い数のベトナムの人々が食べ物とお金を捧げてお祈りをしている姿は圧巻だった。

と、いうわけで、ハノイは見所てんこもり、ホーチミンはメコン川ツアーはあるけれど、それだけじゃ寂しいかも。足を伸ばしてアンコールワットをプラスしたツアーがお薦め。少し高くても満足度が大きく違うはず。ボン・ボヤージ!

メコン川ジャングルクルーズ横2
line
line

line
最新記事
line
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
22位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line