FC2ブログ
マレーシア機について砂漠に不時着したかもしれない、と今朝このブログに書いた。すると、さっき帰宅してオーストラリアヤフーの7ニュースを見てギョッとした。私の推測が現実になるかもしれないのだ。

マレーシア機はインド洋の方向に行ったが、速度を落とさず4千キロ飛んだとしたら、オーストラリア、中国、インドに到達する距離になる。西オーストラリアの砂漠に着いた可能性も否定できない、とのこと。

オーストラリアエアーズロック平原

ただ現状ではどこに着いたかは不明、海上に浮かんでいた破片のようなものはマレーシア機のものではないと中国も認めた。 西オーストラリアの砂漠…… 考え込んだ。中国にもインドにも砂漠はある。

それにしても交信が途絶えてから、進路変更をして4千キロも通常の速度で飛んでいたというのは解せない。何者かが乗客を人質に、機長や乗務員に圧力をかけていたとしか思えない。願わくば、全員無事でいてほしい。

エアーズロック
スポンサーサイト



line
オクラホマのティーンエイジャー3人がオーストラリア人の野球選手を車の中から撃ち殺した事件について続報がある。昨日ブログに書いた時点ではオーストラリアヤフーの記事だったので、被害者の写真しか載っていなかった。

今朝アメリカのヤフーで加害者の写真を見た。3人とも黒人の少年だった。以前モービルやアトランタに住んでいた私は、同じ住宅地に住んでいる人たちから「黒人の住宅街には行かない方がいい」と耳タコのように言われていた。

しのぶのはっかいと古い家

黒人として生きるのと、白人として生きるのとでは、アメリカでは天と地ほど違う。少年たちが、誰でもいいからと、車の中から狙っていたのが白人だけだったとしたら、これはヘイトクライムだ。

しのぶのはっかいと赤い花

他の人には当たらず、運悪くジョギングをしてきた白人のオーストラリア人が殺される羽目になった。ハンサムで人生を謳歌している人独特の輝くような笑顔を浮かべている犠牲者の写真を見ると、人種とは何だろうと考え込んでしまった。
line
アメリカからの報道でマレーシア機は連絡できなくなってから4時間くらいは飛んでいたことが分かった。マレーシア当局はこの情報を否定しているが、もし本当だとすると4千km近く飛んでいた可能性もある。

どちらの方角に行ったかということについては諸説があるが、もし大陸の方角に行かされていたとしたら、広大な砂漠まで到達し、そこに不時着させられた可能性もある。勿論、乗り込んでいた何らかの人物によって。

モロッコ: 写真
(トリップアドバイザー提供)

荒唐無稽な想像かもしれないが、このことは予想をされていて、砂漠到着と同時に乗客は何らかの輸送手段でしかるべき場所に運ばれ、監禁されている可能性がある。しかし罪の無い乗客を殺害することはないだろう。

何のためにと言われれば答えるのに吝かではないが、物議を醸すといけないので今は書かない。尚、中国の衛星が海上に浮かぶ機体の破片らしきものを発見したとも報道されているが、マレーシア当局は確認されていないと言っている。

モロッコ: 写真
(トリップアドバイザー提供)
line
東芝の根幹的な技術を韓国の企業に流出させたとして、同社の元研究員が逮捕された。その記事を目にして、知人から聞いた、日本の国立大学及び大学院を卒業して大手メーカーで活躍していた優秀な技術者の話を思い出した。

まだ充分会社から必要とされていたにも係わらず、円熟味の増した時期に韓国の世界的規模の会社から好条件で引き抜かれた。地位も与えられ、給与も大幅アップしただろうとのこと。何も冷や飯を食わされた挙句、会社を見切ったわけでは無い。

ホーチミン果物の島ジャックフルーツ

以前その話を聞いたとき、とても嫌な気がした。韓国のメーカーが欲しかったのは、その技術者の技量だけではなく、日本の堅実なメーカーで習得した技術だったのではないか、と。

又、他の事例では、同様に韓国のメーカーに引き抜かれて高い給料を貰い、それを同国で溜め込んでいた技術者が、退職後優雅な生活を送りながら、何度も韓国に家族を連れて行き、分担してお金を日本に持ち帰っているという話を聞いた。

   ぶどう棚   砂漠と空

これまた、嫌な話である。技術獲得の目論見があるからこそ、韓国の会社が大金を払って日本人技術者を獲得しようとしているのだ。本人は自分の生き方を恥ずかしいと思わないのだろうか。いくら優秀でも、そんな人は尊敬できない。

ホーチミンメコン川果物島うす青い果物
line
line

line
最新記事
line
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
27位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line