FC2ブログ
BBCの調査による日本の好感度は世界で4位だった。中韓の日本批判のプロパガンダの烈風の中で、前年度の1位から落ちたとはいえ、4位とは立派なものだ。日本人の民度の高さの勝利だ。

一方、イギリスのあるネット投票で、日本は一番憎まれている国になっていた。2位は韓国、3位は中国。海外で、日本人というだけで好待遇を受けてきた我が第六感が?を。

椰子の木とピンクのむくげ

書かれている英語のコメントを読んだ。誇張された内容が不自然だ。どの国から送られたか、検討がついた。ここまで日本憎しを書くのは…… 尋常じゃない。

こういうネガティブな結果は無視無視。オーストラリアに移住した元韓国人が「オーストラリアでは日本人が嫌われて、韓国人が尊敬されている」とのコメントを、日本人を装ってネットに流した。

オーストラリアや、オーストラリア人から聞いたのは、日本が好きだ、憧れている、というものが多く、多分彼女の周りの韓国系の住民の感想をオーストラリア全体の意見のように装って書いたのでしょう。かなり、ブーツよね。

アデレードタウンホールsmall
スポンサーサイト



line
フロリダで現代のヘンゼルとグレーテル事件が起きた。トラックで以前キャンプをしたことのある森に連れて行かれた3人の子供が遊んでいるうちに、どちらも30歳の両親がトラックに乗って走り去ったのだ。父親の靴だけを残して。

両親が捕まった後、警察は6歳、8歳、10歳の三人の子供が見つかったという電話を受けた。森の中を2マイルもさ迷い歩いた後の子供たちは「物凄く汚れ、空腹で、寒さに耐えていた」という。

いメルヘン踊り

3人は施設に預けられたが、それにしても二度と両親を信じることができないでしょうね。両親は子供を遺棄したとは言っていないらしいけど、子供の心の傷は一生癒えないでしょうから。一番信頼していた人に裏切られたのだもの。

ヘンゼルとグレーテルは口べらしとして森に遺棄された。けれどもお菓子の家で二人をおびき寄せた魔女を竈に押し込んで焼死させ、宝を持って家に凱旋した。そして、赦しを乞う両親と和解をしメデタシメデタシで終わったけど……

いメルヘンとんがり帽子




line
韓国の朴大統領が能面のような顔をして激しく日本を非難する映像を見ていたら、ふとハノイとサイゴンで見た水中人形劇を思い出した。水面上で動き回る人形が韓国、それを意のままに動かしている水中の人が中国だ。

中国から流れてくるPM2.5にも、日本憎しで同盟を組んでいる朴大統領には抗議すらしにくいだろう。また北の同胞はドカンドカンと弾を日本海に向けて撃ち続けている。本当は東海だ、などと言っている暇は無いはずだ。

人形劇

日本はPM2.5で国民が癌の恐怖に晒されているのだから、実害と共に精神的な慰謝料を中国に請求すべきだ。と、話が飛びそうになるが、韓国の振る舞いが日米韓に楔を打ち込み、中国とお隣さんを喜ばせていることに早く気付いてほしい。

東シナ海、南シナ海を中国が我が物にしようとしている今、中国にとって韓国は御先棒を担いでくれるかっこうの隠れ蓑だ。日本だけではなく、中国の海洋ルールを無視した振る舞いに頭を痛めている全ての国々にとっても、迷惑なのよ、ホント。

     春の訪れ
line
昨日ヤフーニュースで『英外務省、「日本で外国人排斥デモに遭遇したら、直ちに逃げるように」注意促す-韓国紙』との記事を目にした。ヘイトスピーチで日本が野蛮な国だと観られていることを、韓国紙が取り上げたのだ、かなり喜んで。

昨夜久しぶりに図書館に行き、新しく購入した本をチェックして驚いた。英語と中国語の本も数冊置いてあったが、韓国語の本が十冊以上並べられていたのだ。そうか、大阪の下町には韓国系の人が多いのだ。少し胸が痛んだ。

白梅

子供が小学生の頃住んでいた区は25%が韓国系の人たちだった。よく似た顔をして、同じような生活をしていたので、全く区別がつかなかった。唯一韓国系と分かったお母さんは、パートを掛け持ちして1人で一生懸命子供を育てていた。

多くの在日の人たちは、肩身の狭い思いをしながら生きてきたはずだ。そんな人たちに「韓国人は出て行け!」などと言うのは酷い。彼らも又、かたくなな現韓国政権の被害者なのだ。日韓が良好な関係になるのを願ってやまない。

ヘイトスピーチは世界から怖れられ、民度が高いと評価されている日本の良い面をぶち壊しにする。母国を大切に思うなら、即刻止めて、そのエネルギーを日本の価値を高める方向に使っていただきたい。つまり本来の目標に向かって。

紅梅

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
22位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line