FC2ブログ
上の部屋で入れ替えがあるらしく、工事の音が煩いのでマクドに避難している。ミスドに行くとドーナツを5つくらい食べそうなのでこちらにした。英語の本を開こうとして、ちょっと気になるものを見た。

とっくに食べ終わっているのに、店内のあちこちの席に移動して携帯をいじり続けている小学校高学年くらいの女の子が2人いたのだ。大人顔向けのふてぶてしい目つきをしている。

その2人とたまたまトイレの順番待ちで一緒になった。壁の向うでトランプをしている若いイケメン4人を意識していたのだろう、「聞こえるかなあ」と言いながら、壁をドンドン叩き始めた。

ポプラと花と子供たち

「やめなさい」と言うと、口答えをした後、怖い顔で睨みつけられた。ネットで年不相応な耳年増になっている顔ね、あれは。小学生であれなら、ちょっと古いけど物凄いスケバンになりそう、近い将来。

ネットで性犯罪に巻き込まれる未成年者が増えている。是非を教える学校教育が望まれる、と思うのね、昭和世代のおばさんは。子供らしさを失った子供達は何だか痛ましい。

いメルヘンウサギ

スポンサーサイト



line
韓国のネットユーザーのフィギュアについてのブーイングはプーチン大統領とロシア国民を震撼させ、女子ショートトラックで韓国選手を巻き込んで転んだイギリスの選手を恐怖のどん底に突き落とした。

ソチ五輪では、他にも中国の選手が腹をたてた韓国の選手から腹を殴られたとの記事も目にした。

   ピンクの花と面白い椰子の木

以前ドイツの友達が苦笑しながら、「韓国人は日本人の話になるとカッカとするね、吃驚した」と言った。かなり前の話なのに、今は衰えるどころか勢いを増している。韓国の文化は「恨(ハン)」の文化といわれる所以だ。

今日朴大統領が「日本が反省しない限り、国際的に孤立する」と演説するのを聞いた。感情をコントロールできないネットユーザーの暴走を野放しにしている貴国も又、国際的に孤立すると思われるのですが……

温室 黄色と赤の花
line
ソチ五輪でメダルを取っていない選手で海外のサイトでも騒がれているのは真央ちゃんがトップだ。あの見事な演技と好感のもてるパーソナリティ、報奨金も出なかったのに大丈夫かなと思わせられるところがまた良い。

う花ボックス

羽生選手は金メダルでもらった報奨金を被災地の人々への寄付や、スケートリンク建設への寄付などに使いたいとのこと。やりくりが大変だったと聞いていたので、頭が下がる。

現地でのマスコミ対応やファンに対する態度などでも好感がもたれている羽生選手、元はいい子でもハンサムゆえに女の子にモてて駄目になっていく子が多いのに、カッコいい、素敵。

空と雪とライダー

真央ちゃんのフリーの演技が終わった後の涙と、そして輝くような笑顔、中国のツイッターでも絶賛を浴びていた。他の選手も勿論のことだが、羽生選手と真央ちゃんが日本の好感度を大いにアップしてくれたのは確かだ。

それにあのスノボーハーフタイプの10代の二人組み、クールジャパンを世界に披露してくれた。表彰台の真ん中で大喜びしているスイスの選手の両サイドに静かに立っていた二人、ほんと超クールだったわよ。

カラフルなスノボーとゲレンデ
line
安倍首相が世界で展開されている中韓の対日中傷プロパガンダに対抗するべく、広報活動を強化すると決心をしたとの記事を読んで、ふと思い出した小学生時代の一シーン。未だにセピア色ではなく、天然色で表れるクリアな思い出。

ある可哀想な境遇の女の子Aが、女の子グループから苛められていた。そのグループにはボス的存在が2人いて、特にそのうちの1人Bが、あることないことを触れ回って、苛めはエスカレートするばかり。

  い日差しで輝く竹林

私はそのボス的女の子Bのアキレス腱を掴んでいたので、あるときクラス全員が揃っている場所で、Aに対する中傷を即止めること、と告げた。Bはせせら笑った。そこで、私はアキレス腱を持ち出した。

  う地下の花畑

Aのことを好き放題に中傷していたBは、自分の不利な事実を言われると、大泣きをした。そしてその後Aに対する苛めをピタリと止めた。その頃(だけ)は成績トップで素行も良かった私の攻撃に回りは唖然としたが、インパクトも大きかった。

その後、おとなしくなったAは人を中傷することもなく、平和な小学校生活が続いた。他力でも自力でも、苛めを止めさせる方法を模索するのは大切なことだ。中韓と日本の関係、真剣に対処するときですね。

うクリスマスローズ紫

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
27位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line