fc2ブログ
アメリカのケンタッキー州に住む92歳の女性が、初めて念願のウェディングドレスを着た。彼女が結婚したのは1946年で第二次世界大戦が終了した直後、素敵なウェディングドレスを着ることはできなかった。

いつかは着てみたいとずっと心の中で自分のウェディングドレス姿を思い描いていた彼女は、残念ながら2004年に夫を亡くした。それから9年後、お年寄りの活性化を図るボランティア団体の助けで、お洒落なウェディングドレスを着ることができた。

              アメリカ国旗
                               
白髪をカッコよくアレンジし、白い靴を履き白いウェディングドレスを着た満面笑顔の彼女は、まさに天から舞い降りたエンジェルのよう。目には見えないけど、きっと隣には優しかったご主人が立っていたはず。

アメリカから届くこういった話を聞くと幸せな気持ちになる。ボランティア活動が生活に根付いているアメリカでは、多くの人々が気軽に活動やチャリティーイベントに参加をして、他の人々の幸せを援護する。

教会に行かない人々も増えたとはいえ、アメリカの根底にあるのはピューリタンの信仰心ではないだろうか。子供を連れているとき、あちこちで見守ってくれている社会の温かい目を感じた。今一度、信仰心について考えてみたい。

八坂神社紅葉
八坂神社         
スポンサーサイト



line
恋愛を始めた友達を見ていて、その変化に驚いた。 何も特別の手入れをしていないというのに、美しくなってきたのだ。年をとって減っていく女性ホルモンをキープするのに、恋愛ほど格好の特効薬はない。

昭和の頃、恋愛感情は自然に湧き上がった。しかし悲しいかな、結婚相手となるべき男性の多くが非正規雇用やニートという現代、恋愛対象が減り結婚できない女性が増えている。

そこで勢い誰かと知り合っても、婚活に見られるように、結婚を前提にして相手のことを考えてしまう。そうすると素直な気持ちで相手に接することができない。一種の就活としてビジネスライクになってしまうのだ。

恋って、相手の懐具合や社会的ポジションを超越して自然に芽生えるものだ。この人と一緒になれるなら、何もかも捨ててもよい、という無私の気持ちがあるかどうかが踏み絵になる。

紅葉の路地
嵐山

もう年だから誰かに出遭う可能性なんかないわ、と諦めるのはちと早い。冒頭に書いた友達もついこの前までは秋枯れの雑草のようなおばちゃんでした。それが今ではピンクの山茶花のように見えるから不思議。

彼女も長い間、古いけど三高、つまり背が高くて高学歴高収入を結婚相手の絶対的基準にしていたのだけど、見つからないまま年を経てしまった。もういいや、と心の窓を全開にしたとたん、心の琴線に響く人に出会えた。

恋愛不在症候群が蔓延している今、心を一度白紙に戻して生きてみることも大切。心の奥深く眠っていた別の目が開いて、本当に出遭いたかった人に導いてくれる可能性大です。美しくなりましょう。

紅葉と山茶花
天竜寺

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
24位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line