FC2ブログ
来年から始めるビジネスについて市場調査を始めると、思っていたように簡単ではなかった。ネットで調べて、実際に電話をかけて状況を聞いたりしているのだが、想定の甘さを実感している。

ここで投げ出して、ええいっとばかりに南インドをさ迷った後スリランカに行って当分帰って来ない、というパターンに陥りたいのだが、ここで踏ん張りが必要だ。

今午前中だけ仕事をしているので、昨日はその仲間たちとランチ忘年会をした。お鍋を囲みながら美味しくビールを飲んでいると、次のようなことを言われた。「よく、その年で、今から何かを始めようと考えるなんて凄い!」

           インド デカン高原

本人には言わなかったが、何かを始めるのに年は関係ないと思う。いくら若くてもやる気がないと何も始められない。要するに、やる気があるかどうかだ。意志あるところに道は通じる、です。

「よく、その年でダイビングのライセンスを……」「よく、その年で良い転職先が見つかった……」という具合に今まで、よく、その年でを何度言われたかわからない。

次に言われるときは、「よく、あの年で始めて億万長者になれましたね」だ。 昔、インドで医者で占いもする立派な紳士に「あなたは年をとってからお金に恵まれます」と言われた。そろそろかしら、うふふ。

            ガンジス川


スポンサーサイト



line
実の男の子を三年前ヨーロッパに連れて逃げたとして、オーストラリアの母親が逮捕され、シドニーで先月有罪判決を受けた。子供は別居していた父親のもとに返された。

この母親は「父親が子供に性的虐待を加えたから連れて逃げた」と言い、父親と子供を同時に診察した精神科医は「性的虐待の根拠が見当たらない」と言っている。

出廷した父親は「子供が生まれたとき、『もう次の子供はいらな』と言うと、母親が『一生許さない』と言った。それ以来夫婦の関係は冷え切った」と証言した。うーん、考え込むなあ、この発言。

父親の子供に対する性的虐待について、母親は、「私がビジネス旅行から帰って来たとき、子供が『お父さんは優しくなかった』と言った」ということを根拠にしている。何か嗅ぎ取ったのだろう。

 ドイツエッセンの街並み

精神科医の意見が陪審に採用され母親は有罪になった。実刑判決が出ると子供は父親と暮らすことになる。しかし、真相は藪の中だ。精神科医も陪審も、母親と同程度の熱意を込めて事実を突き止めたのだろうか。

「子供を守るために国外に出たことが違法だとは知らなかった。私は家族も仕事も家も捨てた。子供が危険に直面しているときに、自分のことなど考えていられない」と法廷で述べている。

母親は子供を守る最後の砦だ。執行猶予が下され、母子が元通り暮らせるように図ってほしい。こういった事件を耳にするたびに、子供にとって何が一番幸せかを大人は考えているのだろうかと、とても不安になる。

黄金色の御堂筋
line
line

line
最新記事
line
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
22位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line