FC2ブログ
国連事務総長が帰郷時、日本について不適切な発言をしたのは問題だ。あくまでも中立の立場をとるべき人が、決して言ってはいけない言葉よ。将来の韓国大統領候補として、口が滑ったのね、きっと。

本人があわてて弁解をしたら、日本側も「これ以上問題にしない」ということになったが、「問題にすべきだ」という識者の意見が新聞に載っていた。私もそう思う。

これをこのまま放置しておくと、日本に関しては何を言っても赦されるという(中国における愛国無罪的)状況が世界規模で行われる可能性があるという。

お国が次々と他国に建てている日本を非難する像を、総長殿がニューヨークというお膝元におられながら完全に無視されたのは記憶に新しい。今回の発言は、むしろそれを擁護しているように思われる。

一方我が政府も、中国や韓国から軍国主義復活と言われないように、言動にもっと気をつけるべきだ。それと共に、今回のような国連トップの発言には、はっきり『ノーと言えるニッポン』であってほしい。 

Oh my god! せっかくの夕食前に興奮してしまったわ, スマイル!

夏の背比べ
スポンサーサイト



line
恐ろしい記事を見た。満潮時、ボラカイ島の白砂のビーチが水の底になるというのだ。二百軒以上の宿泊施設が建ち、昨年は何と百万人以上の観光客があのちっぽけな島を訪れたという。

ずっと前、私が訪れた頃のボラカイは、数棟のバンガローが建っているだけで、真っ白に輝くビーチには殆ど人がいなかった。寝そべって波の音を聞いていると、正しくこの世の楽園だった。

トリップ・アドバイザーで、ボラカイは今年世界一のビーチに選ばれた。みんな、満潮時白砂のビーチが無くなり、水が宿泊施設の擁柵まで押し寄せてくることを知っていて投票したのかしら。

かわいそうなボラカイ、輝くようなホワイトサンドに縁取られた海の中は、足の爪まではっきりと見えるくらい澄んでいたのに。今は、水質汚染のため珊瑚が弱って激減し、波を食い止める緩衝材の役ができなくなったのだ。

あの頃、小さな丘を越えて隣のビーチに行くと、ディカプリオ主演の映画『ビーチ』さながらに、ヨーロッパからのバックパッカーが集まっていた。思いがけないアジアンパラダイスを見つけた彼らは、幸せそのものに見えた。

『ビーチ』の舞台になったピピ島にも行ったけれど、あの頃のボラカイの方が美しさでは勝っていたような気がする。地上の楽園が、こういう形で消えていくのは本当に寂しい。

黒島仲本海岸ビーチ
line
line

line
最新記事
line
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
27位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line