FC2ブログ
イタリアに行ったらミラノやローマだけではなく、ちょっと変わった場所に足を伸ばしてみませんか。私がお薦めするのはチンクエテッレとポルト・ヴェーネレ。どちらもラ・スペツィアから行けます。

チンクエテッレ(五つの村)はイタリア北西部のリグーリア海岸の険しい崖に沿った、色とりどりの家屋が立ち並ぶ景観が見事な観光地。ポルト・ヴェーネレと共に世界遺産に登録されています。

私はラ・スペツィアに二泊し、着いた日は路線バスでポルト・ヴェーネレに行きました。車窓から見える海の景色を楽しんでいると、程なく到着したポルト・ヴェーネレの街。思わず息を呑みました。

海に面してオレンジ、黄色、水色、白等色とりどりの4,5階建ての細長い建物が軒を寄せ合って並んでいる、そのカラフルさがたまらない。港には小さなボートや漁船が浮かび、一度見るとクセになり何度も戻ってきたくなる場所です。

この色彩がそれぞれ個別にアレンジされて、五つ見ることができるのがチンクエテッレ。海岸沿いの道を歩いて五つの村を全制覇できますが、結構距離があるので乗り降り自由な電車のチケットを買うのがお薦め。

このチケットはラ・スペツィアの駅の窓口ではなく旅行案内所で買ってください。うっかり駅の窓口で普通のチケットを買ってしまい、払い戻しをしてもらうのに一苦労しました。ヨーロッパの駅では切符を買う前に、旅行案内所などでお得なチケットがないか確認するのがいいと思います。

チンクエテッレ、遊歩道を歩くだけでも海のすばらしさを満喫できるし、おまけに五回息を呑むことができる場所。心臓に気をつけて、行ってらっしゃーい。

     チンクエテッレの写真
チンクエテッレ (トリップアドバイザー提供)




スポンサーサイト



line
気になっている窓があった。間が30メートルくらい離れている向かいのマンションの窓である。いつでも電気がついていた。少し紅い電気が真昼でも午前3時でも消えない。ひょっとしたら一人暮らしの人で、電気を消せない状況にあるのかしら、と心配になった。

管理人か警察に報せたほうがいいのかしらと思い始めた矢先、昨日突然その窓のシャッターが下ろされているのを見た。今朝、再確認し、ああ、やはりと思った。考えすぎだろうか。

お一人様が増えている。自分の身の処し方、及び身の回りはきちんとしておかねばならない。断捨離という言葉が横行し、いらない物を捨てられない人は愚か者だみたいな風潮が無きにしも非ず。

私もあれこれ整理して断捨離しないといけないと、かなり焦っていた。しかし最近考え方が変わった。よほど物が溢れ、置き場が無くて家の中が散らかっているならともかく、何も眦決して物を捨てる必要はないのではないかと。

そう思うと気が楽になった。人間、火事場の馬鹿力である。遠方への急な引越し等の必要に迫られて捨てなければならなくなると、パッ、パッと捨てられるものである。収まるべきところに収まっている間は気に病む必要はない。

何だ、考え方一つで人生がこんなに明るくなるのだ(断捨離がかなり重圧でした)。向かいの部屋の窓を見て朝からあれこれ考えた私。パスカルは言った、人間は考える葦である。今日は花を買いに行こうっと。

(ちなみに断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。この意味自体は賛成よ、ただ捨てねばならないという重圧が苦しかったのよ)

デパートの花園

line
line

line
最新記事
line
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3604位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
20位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line