FC2ブログ
ニースからモナコを通り、マントンまでの早朝のバスの旅は素晴らしかった。暗いうちにニースを出て、コートダジュールを右手に見ながらモナコへとひた走る。時間がたつにつれ、際だつエーゲ海の青。

マントンへは山越えをしていくので、眼下に目覚めたばかりの、真珠のようなモナコの街とエーゲ海が広がり、正しく“息を呑むような眺め(Breathtaking view)”だった。

もし横に彼なり、彼女なりがいれば、『ああ、この人を幸せにしよう』と思ってしまうこと請け合い。関係が綻び始めているカップルの方、是非ニースからマントン行き朝一のバスに乗りましょう。(TAM100番です)

ちなみに、ニース市の計らいでバス代はたったの1ユーロ。世界一安いコートダジュール絶景ツアーと言えましょう。今度行ったら往復するものね、私。

マントンの鄙びた街がこれまた素敵。ここからイタリアのラ・スペッツィアに行くには途中乗換えというミニテクがいる。駅で切符を買うとき行き先を言うと、かわいいマドモアゼルの駅員がていねいに紙に書いて説明してくれた。

おまけに彼女は、暖かい目をしたムッシューに、私を正しいホームまで導くようにと頼んでくれた。ホームで、「良い旅を!」と言って、笑顔で手を振ってくれた彼は、“英国王のスピーチ”で主人公を演じた俳優によく似ていた。

ニースのカーニバルは来年2月15日から3月6日まで、またフランスで一番レモンの採れるマントンではレモン祭りも開かれる。ああ、行きたい!

モナコ公国の写真
モナコ公国 (トリップアドバイザー提供)
スポンサーサイト



line
line

line
最新記事
line
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
プロフィール

海 夏碧

Author:海 夏碧
自分の足で歩き回った国は60ヶ国以上、ニューヨークとLAで会社勤めを経験。一人で子育てをしながら、外資系の会社の管理職を歴任。アイスバーンを運転してスキー場に行き、タンクを背負ってサンゴ礁を遊泳。目下、楽しめる起業を模索中。


line
世界旅行、海外生活、女性管理職、子育て、マルチブログ!
ブログランキングに参加しています!ぜひ、クリックしていってください!

FC2Blog Ranking

line
放射線量測定データ ブログパーツ
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
4624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
共有テンプレート
31位
アクセスランキングを見る>>
line
最新コメント
line
FC2
アフィリエイト・SEO対策
line
カテゴリ
line
sub_line
アンデスの金運
トゥミ
金運アップブログパーツ
line
マンタと泳ごう
line
QRコード
QR
line
サンゴ礁でダイブ
line
sub_line